« くやしーけど 感動 | Main | あー もー うるさい! »

目を覆いたくなる光景

某ASTYで食事をした
食事をしていたお店の向かいのCAFE D●NM●RK

閉店後 売れ残ったパンを 市指定のゴミ袋にぶっこみ始めた
まるでゴミ扱い
そしてなんの躊躇もなく

ショッキングな光景だった…

pan-1
ザクザク放り込む


     pan-2
     ガサがあるから 膝でのって潰す


          pan-3
          重いから 足で蹴りながら店外へ出す


そして ゴミ箱行きか?

切ない
空しい
悲しい
情けない
申し訳ない


ゴミ袋 4~5個あった

パン屋としての誇りはないのか

愛がない

これだけあれば どれだけの命を救えるか…
こうして パンを足蹴りにしている間も、世界中では沢山の子供達が飢えで死んでいるのに…


ここのパン屋では絶対に買うもんか!!とささやかな抵抗を心に決めた

酷い光景だった

|

« くやしーけど 感動 | Main | あー もー うるさい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

いやぁ~~私もこの光景は驚きでした。ひどいですね!!モンチッチさんの言うとおりですよ。そのパンでどれだけの人の命を救えるか。悲しくなりました。日本のように何不自由ない暮らしをしていると、そういうことに気付くことさえなかなかないですよね。物のありがたさとか、食べれることのありがたさとか、平穏に生きていられることのしあわせとか、いつも感謝の気持ちを持って毎日を過ごしていきたいなぁって感じました。

Posted by: maomao | Thursday, September 01, 2005 01:34 PM

ほんっとむかつくー(キーッ!)!私も昔、某ドーナッツ屋さんでバイトしたとき、そういうシステムだったよ。こそこそ持って帰ってたけど・・・。
残った物をなんとかできないものなのかしら。ムムム・・・!!!
あの光景、せつなかったです。。。世も末ですね。

Posted by: yuccocco | Saturday, September 03, 2005 11:27 AM

maomaoさん、yuccoccoさんコメントありがと

>物のありがたさとか、食べれることのありがたさとか、平穏に生きていられることのしあわせとか、いつも感謝の気持ちを持って毎日を過ごしていきたいなぁって感じました。

ほんと、感謝の気持ちってついつい忘れてしまいがちだよね。


>あの光景、せつなかったです。。。世も末ですね。

昔は“もったいない”ってよく言われた記憶があるけど、最近は聞かなくなったよね。未来のある子供たちのために世の中が終わってしまうようなことは避けたいね。

食べ物がなくて死んでいく子供達や、戦争の犠牲になって飢えている人とか、天災で救援物資が不足しているところとか、この捨てるパンを必要としている人たちは沢山いるのにね~

ボランティア活動とか募金活動とか特別何かをすることは難しいけど、自分ができることはしなくちゃと思いました。

Posted by: モンチコ | Saturday, September 03, 2005 01:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 目を覆いたくなる光景:

« くやしーけど 感動 | Main | あー もー うるさい! »