« May 2005 | Main | August 2005 »

イタリア旅行5日目~フィレンツェ観光~

firenze1  firenze13
↑                        ↑
シニューリア広場               ヴェッキオ宮殿
ネプチューンの噴水

ヴェッキオ宮殿の中で沢山の芸術にふれる
美術の授業は好きじゃなかったし絵心もないけど、スバラシイと思える作品が沢山
firenze2  firenze12
↑                      ↑        
ミケランジェロの彫刻           イルカを持つ天子の噴水
ミケランジェロの作品は未完成
のものが多いそう

firenze3  firenze4
↑                         ↑
ヴェッキオ橋                   カップルが縁結びにつけて行く
アルノ川にかかるフィレンツェ最古の橋   鍵は持ち帰るので離れることはない…とか

firenze6  firenze11

firenze7  firenze8

花のドゥオウモ
ヨーロッパで4番目に大きな大聖堂
ここには「最後の審判」が描かれている。
中央にキリスト 上が天国 下が地獄
キリスト教徒ではないけど 神聖な空気に圧倒された

firenze14

メディチ家礼拝堂

firenze9  firenze10

中央市場
いかにもイタリアらしい食材目白押し
でも、絞めたての鶏やらウサギやら食欲を失うものもありました


午後ヤングチームはアウトレット「ザ・モール」へ、アダルトチームは「ウフッツィ美術館」へ
ザ・モールはまだ建設中って感じで、閑散としていた。入っている店舗は高級ブランド品店ばかり。アウトレットっていっても買えないお値段がズラリ!ムリですから~!!!!


firenze5

白馬に乗ってパトロール
後ろから車が来たってよけません。優雅に歩いちゃってます。
車もクラクションを鳴らしたり あおったりしません。
そして、イケメン警官はカメラ目線!悩殺!!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

イタリア旅行4日目~ピサの斜塔~

ローマからフィレンツェへ列車で移動
ユーロスターで約2時間の旅
ユーロスターは日本の新幹線ってイメージだったけど、どっちかっていうと“伊豆の踊り子”って感じの、ちょっとキレイで早い特急電車って感じでした。
ちゃんと車内販売も来てた。
ここでも改札ってのがなくて、電車に乗る前スタンプを押す機械にチケットを通す。
あとはそのまま電車に乗って、車内で車掌さんのチェックを受ける。
降りた後ももちろん改札はなし!
日本みたいに乗るときも降りるときも厳重なチェックなんて存在しない。

roma-firenze


フィレンツェについて、まずホテルに荷物を預ける
ここからまた列車で移動
フィレンツェ→ピサへ
ここでも約2時間くらいだったかな?

pisa  pisa2
↑                      ↑
タバコの自販機と郵便ポスト      BARの看板(?) 夜見たかった

pisa3  pisa7
↑                        ↑
ここでジェラート                外壁を塗っていたペンキ屋
かなり美味しかった!!!         さんの車も小さかった
                         車を撮らせてもらおうと思ったら、
                         ポーズを撮ってくれた。

ピサの駅から斜塔まではサクサク歩いて20分くらい
pisa4  pisa5
↑                  ↑
寄り道をしながらやっと到着   斜塔に登ってみた
お決まりのポーズで写真を    傾いてて相当気持ち悪い
撮ってみた             誰もが同じところを歩くため歩いたところだけ
                    減っている

pisa6

ピサの町並み
茶色!
かなり高くてビビったけどこの景色は見る価値ありました。


  


| | Comments (4) | TrackBack (2)

イタリア旅行3日目~ポンペイ~

3日目はポンペイへ
紀元前800年頃、日本では縄文時代。
ポンペイでは町が作られ、貿易が営まれ、現代のような生活をしていたとか…
紀元79年8月24日 ベスビオ火山の噴火によりその文化は火山灰の下に埋もれた。
今回のイタリア旅行で私が一番行きたかったトコロです。

後ろに見えるのがベスビオ火山。現在は休火山

ponpei3  ponpeo1  ponpei2  ponpei5


ponpei4  ponpei6
↑                   ↑
大理石を彫った柱の彫刻     引き戸の跡
 
ponpei7  ponpei8

↑                  ↑
共同浴場サウナの水風呂    玄関の床のモザイク

ponpei9  ponpei11
↑                  ↑
パン屋さん            ここは居酒屋の跡
粉を挽く臼と焼き釜

ponpei10  ponpei12

ponpei13  ponpei14

遠近法を使った壁画。
ミケランジェロで有名なルネサンスの時代より1500年以上前にポンペポイでは既にこの技法が使われていた。

ponpei15  ponpei16
↑                           ↑
妊婦だった、お腹の赤ちゃんと          現在のポンペイ
一緒に灰に埋もれた


肉屋、魚屋、パン屋、居酒屋、サウナ…
配水管・水道、豪邸内の中庭、彫刻の柱…
裁判所、石畳の道路、城壁、神殿、円形劇場
そして文字
灰に埋もれていなかったらイタリアの文化や芸術は大きく変わっていたに違いない

ポンペイの人々の軌跡
偉大な世界遺産

もう一度ゆっくり訪れたい
言葉にできない感動があって、うまく伝えられないよぉぉぉぉ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | August 2005 »