« 冬の花火 | Main | 気休め »

お茶の花

ochanohana

人生で初めて“お茶の花”を見た
茶畑は何度か見たことがあるが 花 は見たことがない

小さな白い花びらの中に たくさんの黄色いおしべが キレイで かわいらしい
鼻を近づけてみる 香りはあんまりしない

この花が咲いている木は紅茶になる品種らしい
隣に日本茶と烏龍茶になる品種の木にも 小さな 白い花が咲いていた

慌しい朝の通勤途中 ほんの少し 静かで心温まる時間だった

っ!電車が来ちゃう!! 小走り小走り・・・ ふぅ 間に合った。


お茶の木に花がつくのはお茶の木が弱っている証拠。
栄養不足なお茶の木は、花をつけて実を実らせて子孫を残そうとするために花が咲く。
栄養が行き渡っている木は、花を咲かせる必要がないそうです。

綺麗なお茶の花に 生命の神秘を感じます。

|

« 冬の花火 | Main | 気休め »

「植物」カテゴリの記事

Comments

お茶の花かぁ、そういえば見たことないかも。

>栄養不足なお茶の木は、花をつけて実を実らせて子孫を残そうとするために花が咲く。

なんか、ちょぴっとせつないね。
この花からは そんな必死な心は 全然見えないのにね…

Posted by: ken.I | Tuesday, December 14, 2004 10:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お茶の花:

« 冬の花火 | Main | 気休め »