UN JOUR (アンジュール)

Un_jour_gaikan_2 あたたかく かわいらしさの漂う店構え

街中からほんのちょっと外れただけですが

“隠れ家”レストラン UN JOUR

予約の電話の時も、とても好印象で お店に伺う前から期待度UPupwardrightです。

 

 

Un_jour_tennai 店内はこじんまりとしながらも、テーブル間の距離も程よくあり、ゆったりくつろぐ事ができます。

テーブルの間にはカーテンもあるので、ちょっぴり個室間もあり、おしゃべりに話が咲いてしまいましたnotes

温かみのあるライティング、かわいらしい木の椅子、女子の心つかみはlovelyokです。

当日でもコースを注文できるので、今回は2730円のコースをチョイス

 Un_jour_pan_cheez Un_jour_zensai  

 Un_jour_soup  Un_jour_pasta  

 Un_jour_main  Un_jour_desert  

ジャガイモのポタージュからは ほんのり香るカレーパウダーが食欲をそそりますwink

ズワイガニのパスタ、これは感動の一品sign03滑らかで柔らかくてそして、とっても爽やかでさらっとしたクリームソースnote 虜になりましたheart01

白身魚のパイ包み焼きは、スズキでした。パイの中身はぎっしり詰まっていて食べ応え十分sign03これまた優しい味付けのソースに、ピリっと効いた塩がいいアクセントでしたnotes

デザートのアイスもちょっぴり大人味。シナモンの隠し味が嬉しいカプチーノアイスsign04

Un_jour_drink ワインを空けて、ちょっと(?)ほろ酔いだったので、ミントの入った白ワインソーダ(600円)をオーダー。

ミントがたっぷり入っていてさっぱりhappy02

これもヤミツキgood

 

 

お店の方のサービスも好印象

お料理提供のタイミング バッチリ

お値段もお料理の味も大満足

リピ確定のレストランでしたheart04

ごちそうさまでしたhappy02

| | コメント (0)

創・作・居・酒・屋 酒菜屋 IKEGAMI

Dscf7853 創・作・居・酒・屋

酒菜屋 IKEGAMI

〒424-0886

住所:静岡市清水区草薙2丁目2番3号

TEL:054-345-1115

営業時間:17:00~23:00(22:30LO) 金・土・祝前夜は24:00まで

定休日:月曜日

駐車場:あり

***************★★★***************

Dscf7856 一見、普通の住宅?と思うような外観。白いプレートに「IKEGAMI」の文字、表札のよう。入り口右手にはレトロな郵便受け。そろりそろりと足を進めてみると広々とした店内と「やってます」の看板が目に入ってきます。

カウンターと座敷席を併せて30席ほどあるでしょうか。掘りごたつになっているので足もラクチン。

厨房にはイタリアンぽい絵柄のタイルがあったり、「福」の字のタペストリーが中華料理屋さんのようにひっくり返して張ってあったり、「商売繁盛」の木彫りの飾りがあったり、木製のかわいらしいカモの置物があったり…なかなか面白い空間です。

メニューも豊富です、どれにしようかかなり迷います。それぞれのジャンル毎に「いちおし」「におし」「おすすめ」のメニューがあり、さらに黒板に本日のお勧めがあります。

地物の素材が多く、いい素材をあれこれ手を加えず“そのまんま”でいただく、堂々たるメニューも。

ドリンクメニューは銘柄日本酒や入手困難な焼酎類が多種、お酒が弱い方や女性も飲めるカクテルなども充実。

 

Dscf7860  鯵の青唐たたき 750円  

この辛さ!

お酒が進んでしまいますsign04

他では味わえない一品です。

    

 

Dscf7862_2    Dscf7863

   バーニャカウダ  850円            太刀っ子丸干 450円

 

Dscf7864    熱いぞシャンピニオン 600円

 

Dscf7866  辣子鶏 四川風超激辛 鶏の唐揚げ 750円

この唐辛子の量をご覧ください。

Dscf7870 辛い!うまい!軟骨も入ってました。

 

Dscf7869 ペンネゴルゴンゾーラ(とにかく旨い) 1200円

 

清水在住の方はご存知の方も多いかも知れませんが、シェフは駒越にあった「サクセス」のオーナー。〆のパスタやペンネのメニューは「サクセス」を彷彿させるものばかりです。

 

シェフのお気に入りが あちらこちらに詰まった 居酒屋さんでした。

 

ごちそうさまでしたfuji

| | コメント (1) | トラックバック (0)

海鮮炭火焼 それなり

Dscf7841 海鮮炭火焼 それなり

〒420-0033

住所:静岡市葵区昭和町7-2 カメリア1F

TEL&FAX:054-266-5499

営業時間:16:00~23:30(L.O)

定休日:日曜日

駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)

 

 

 

***************★★★***************

昭和町の交差点

開店準備中は干物屋さんができるのかな???と思いました(笑)

Dscf7842通勤路なので、いつもこんな風景を見ながら通り過ぎていました。

なんともシンプルでわくわくするスタイル。

日本酒のケースをひっくり返してゴムひもで薄い座布団をくくりつけただけの椅子。安定感のあること!すばらしい!

歩いていけるくらいの距離に港があるような外観。でもここは静岡の街中の大きな交差点の一角ですbuilding

Dscf7844 店内にはいけすとショーケースがあります。

ショーケースは干物がメインですが、他にきのこ類やウインナーなどのお肉類もあります。

食べたいものをザルにとって、テーブルの上におかれた七輪で自分で焼いて食べる方式。そうです、セルフのお店です(笑)

ドリンク類や一品料理などは注文して作ってもらいます。一品料理は冷奴や焼きおにぎり、自家製のお新香など。ドリンク類は銘柄日本酒や各種焼酎、サワーなど。

Dscf7847_3 七輪に入れる炭は店内にある暖炉でスタンバイ。

ほっこりする演出です。

デモ…ナツハ アツイダロウナ…sweat01

さりげなくディスプレイされている店内のインテリアも和テイスト。かわいらしい置物に癒されますspa 田舎っぽく、野暮ったくなく、丁寧すぎず、雑すぎず、この加減が心地よいのでしょうか。

 

Dscf7850  Dscf7848

キンキンに冷えたビールと目の前で焼き上がるご馳走をほおばる。まさに至福の時でございますheart01綺麗で気さくな女将さんとの会話が、楽しい時間に拍車を掛けてくれました。

軽く一杯のつもりが、気がつけば閉店間近。長居をしてしまいました。

 

煙がモクモクするのかな…?と思いましたが意外と煙は少ないです。

伝票もないんです…お会計もざっくりな感じです(笑)

ごちそうさまでしたfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pizzeria IL Brolo(イル ブローロ)

Dscf7827 Pizzeria IL Brolo(イル ブローロ)

〒421-0103

住所:静岡市駿河区丸子2990-1

TEL:054-266-7880

営業時間:ランチ11:30~14:30 / ティータイム14:30~17:00(※土日祝のみ) / ディナー17:00~21:30

定休日:火曜日

駐車場:6台

HP:http://il-brolo.com/index.html

***************★★★***************

少しずつ つつじの咲き始めたお庭の石畳をあるいて お店へ。

瓦屋根と木のぬくもりのする落ち着いた古民家、初夏の風がさわやかに吹き抜けるような印象を受けました。

木枠のガラス戸を開け店内へ、笑顔で出迎えてくださった奥様。入ってすぐ左側には薪釜が。早速ピザを食べたい衝動に駆られますhappy02

庭側は前面ガラス窓。全席から見渡せるステキなお庭clover こんなお庭が自宅にあったらいいな~と、メニューよりもお庭に見とれてしまう始末(笑)。しっかり窓は閉まっているから苦手な虫snailの進入の心配もありません☆

店内は30代以上のカップルや女性グループがほとんど。1席だけですが座敷席もあるのでお子様連れでも安心ですね。

 

さて、今回はランチメニュー(1500円)をオーダー

前菜Dscf7813

               彩りと栄養バランスの良いプレートです

 

生ハムと赤玉葱とアンチョビのPizza

Dscf7818

               ふっくら生地のナポリピザ

               小麦粉の香りと芳ばしさがおいしいです

 

サルシッチャとほうれん草のパスタ

Dscf7821

                自家製サルシッチャ、塩加減ちょうどいいです☆

Pizzaかパスタがどちらかをチョイスします。今回は二人でお邪魔したので1つずつオーダーし、半分こしていただきました。

 

デザート と コーヒor紅茶(ジュース類もあった気がします)

Dscf7823

 

 

Dscf7815

BGMはボサノバ風のイージーリスニング

窓は閉まっていますが、マイナスイオンたっぷりの風が吹いているような心地よさです。

華奢なデザインの椅子ですが、座り心地は抜群。色々座ってみて気に入ったものを購入されたとのことですが、デザインだけではなく、座り心地にも配慮されていて、嬉しいですね。

食後も、お庭を眺めながらついつい長居してしまします。

 

お客さんが帰られた後、テーブルを拭くのとあわせて毎回椅子も拭いていました。いつもきれない状態にしていただけるとまた気持ちの良いものです。

日曜日のランチタイムに伺いましたが、常に満席状態でした。予定が決まっていたら予約をしてから伺うことをお勧めします。

 

ごちそうさまでしたwine

 

 

 

中国料理世界チャンピオンの肉まん&あんまんモニター様募集♪

横浜中華街 皇朝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんかつ 浜勝 静岡御殿場店

Dscf7834  とんかつ 浜勝(はまかつ)   静岡御殿場店

住所:静岡県御殿場市萩原807-1

TEL:0550-81-4355

営業時間:11:00〜24:00

HP:http://www.hamakatsu.jp/

***************★★★***************

御殿場中央公園のすぐ近く、国道246号線沿いに 「とんかつ 浜勝」の大きな看板があります。迷うことなくたどり着けますbleah

駐車スペースもたっぷりあるので、ドライブの途中に立ち寄るのもいいですね。

Dscf7840 きれいに清掃された店内。カツ屋さんですが、店内は油のにおいもなく快適。

各席には「浜勝」発祥の地、長崎の風景を描いた額が飾られています。

私は高校の修学旅行で長崎を訪れましたが、楽しすぎる毎日で、帰ってきてから「絶対にまたみんなで旅行しようねっ」って約束したことを思い出していましたYO。

んで…まだ約束果たしてないね。

みんな結婚して、子育て格闘中。この約束が果たせるのはまだまだ先になりそうです。

さて、今回は「梅しそ巻きとヒレ膳」1580円をいただきました。

Dscf7828_2  注文してからまず最初にすり鉢・すりこぎ・ゴマの登場です。

ゴリゴリ、プチプチという音とともに、ゴマの香ばしい香りが漂います。お好みの具合にスリスリしたら、ここにトンカツソースを投入sign01秘伝のソース(辛口)と甘口の2種類。

トンカツの登場が待ち遠しい時間ですpig

お料理登場sign03

どどど~ん すばらしいボリューム!です。

ヒレ肉とバラ肉で梅とシソを巻いた 梅しそ巻き、ヒレカツ、エビフライ、ナスフライの4種フライとたっぷりキャベツ、麦ご飯、赤だし、おろしポン酢にごまソース、タルタルソース、お新香 と目の前にたーくさんのアイテムが並びますlovely 豪勢ですね~

Dscf7839 梅しそ巻きはおろしポン酢でいただきます。

そのままでいただいても もちろんGOO!ですが、おろしポン酢でいただくと、ジュジュジュワーっと口の中いっぱいに梅シソとお肉と…色んな香りが広がり、ウフフheart思わず笑顔になっちゃうんです。

しかもさっぱりいただけるのでお箸が進みます。

Dscf7837 次にエビフライ。

プリプリのエビとサクサクの衣のゴールデンコンピにはやっぱりタルタルソースです。こちらのタルタルは他店では絶対味わうことのできないオリジナルソース。

なめらかでクリーミー、でもちゃんと酸味も効いていますよ。そして、なんと柚子果汁が入っているんです。さわやかな味わいと後味。

最初に摩り下ろしたゴマと秘伝のタレでいただくヒレカツもこれまたオイチ☆

生パン粉を使用しているため、食感のいい衣と香ばしいソース、ご飯が進みます。蒙古岩塩でいただいても、シンプルにお肉の旨みを堪能できます。

まだまだ 美味しい時間は続きます。

キャベツにかける特製ドレッシングです。中身は企業秘密らしいですが、さらっとした味噌ベース、にんにくテイストが絶妙で後引く旨さ。冷奴やサラダ、ステーキソースや冷しゃぶ等幅広く使えそうupこれは是非市販していただきたいsign03

お料理に使っている野菜は全て国産野菜、小さな子供からお年寄りにまで安心していただけます。

お漬物も自家製、静岡では珍しい唐人菜(とうじんな)の入ったブラブラ漬けも味わえます。

お味噌汁のわかめも肉厚、手を抜いていませんね。

白ご飯か麦ごはん、赤だしか白だし はお好みでチョイス。

ごはん、味噌汁、キャベツのお変わり自由なのも嬉しいですね。

3ヶ月に1回変わる季節メニュー、次はどんなお料理を堪能できるのか楽しみですnote

お得なチケットはこちらから

ご馳走様でしたclover

(社)日本フードアナリスト協会ファンサイト応援中

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ViadelBorgo(ヴィア・デル・ボルゴ)

Viadelborgo_2 ViadelBorgo(ヴィア・デル・ボルゴ)

住所:静岡葵区常磐町3-2-7

TEL:054-221-7666

営業時間:ランチ 11:30~14:30(L.O.)

      CAFE 15:00~

      ディナ- 18:00~22:00(L.O.)

定休日:火曜日

HP:http://viadelborgo.eshizuoka.jp/

***************★★★***************

常盤公園前に移転open

Viadelborgo_3 真っ白な壁にアーチ型にくりぬかれた窓、ランチタイムにはこの窓が全開

公園の緑と風を十分に楽しめますね。

客層は30代以上、大人が楽しむお店。

店内にはオリーブやレモンなどの木々が沢山。観葉植物じゃないんですね。

通りから見えないところに個室もあります。隠し部屋って感じでした(笑)

 

水牛のモッツァレラとフルーツトマトのカプレーゼ ¥1300

Viadelborgo_5 Viadelborgo_8  

色々な貝のマリネ  ういきょうのサラダとオレンジの香り ¥1300

 

Viadelborgo_10 稚アユと太刀魚、季節野菜のフリット ¥1600

トビウオの燻製と枝豆の冷静カッペリーヌ ¥1400

Viadelborgo_12 Viadelborgo_13

骨付き子羊のスキレット焼き 焼きいちぢく添え ¥2400

 

Viadelborgo_14 カンノーリ ¥600

 

ワインはグラス、ハーフボトル、フルボトルと色々、お値段もビックリするほど高いものばかりではないので、安心できます。ワインカーヴがあり、そこで自分の好きなものをチョイスもできるそうです。

 

Viadelborgo_15 座席間もしっかり取ってあるので、まわりの会話が気にならずに食事できますね。

お料理の出てくるタイミングも絶妙でした。ワインとお料理と会話を十分に楽しむことが出来ました。

予約時の電話応対、入店時、食事中、ラストオーダー時の声かけ、お会計など、どれをとっても気持ちのいいものでした。

気取らない、自然体でいられる空間、でもセレブリティな気分を味わえます。

 

ごちそうさまでしたheart01

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おっとり

Photo 〒420-0033

住所:静岡市葵区昭和町5-1

TEL:054-221-4126

営業時間:17:30~23:00(LO22:00)

定休日:日・祝

***************★★***************

江川通り、昭和町交差点近くに 本格炭火焼 おっとり はあります。

Photo_2ご主人は定年間近で脱サラをしてお店をOPEN。

炭火は和歌山の紀州の備長炭、岩手県産十文字鳥、静岡県産牧の原ポーク、鹿児島産黒豚、金・土の週末限定で宮崎牛、塩は兵庫の天然塩と素材にこだわったお店です。

全て掘りごたつなので、ゆっくりできますね。

最初はテーブル席に座るお客様も、2回目からはカウンター指定の方が多いとか。目の前で焼き上げられるのを見るのもまた楽しみなんですね☆

Photo_7  Photo_8

        お通し                和風サラダ 530円

Photo_3  Photo_4

   ねぎま(塩・タレ) 220円           つくね(タレ)220円

Photo_5  Photo_6

  トマトの豚バラ巻き  240円       梅しその豚バラ巻き 240円

ピリ辛モツ煮込、だし巻きたまご、冷奴などのサイドメニューもちゃんとあります。

日本酒は、正雪や花の舞といった地酒。焼酎は麦・芋・米・泡盛と各種そろっています。

お酒が苦手な女性などにはサワーやソフトドリンクもちゃんとあります。

 

焼き鳥屋さんで煙にまかれながら一杯ってのもいいけど、煙くない焼き鳥屋さんでゆっくり飲んで食べるのもいいですよね。髪や服に臭いがついてしまうことも無く、帰りの電車も安心(笑)

 

ご主人と奥様の熱い気持ちの伝わるお店です。

アルバイトの女の子も明るくて可愛かったです♪

 

ごちそうさまでしたchick

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一会 (いちえ)

Photo_2 一会(いちえ)

住所:静岡市葵区昭和町5-10 北沢ビル1階

電話:054-221-8500

営業時間:17:30~24:00(LO23:00)

定休日:日曜日、祝日

駐車場:なし

***************★★***************

派手な看板はないので、つい通りすぎてしまいそう。「一会」と黒く凛とした字が書かれた行灯(?)が3箇所、足元と外壁と店内入り口に設置されています。店内入り口に生けてある桔梗の花がこれまた凛とした空気を醸し出します。

長めの暖簾をくぐって店内へ。

まず目に飛び込んでくるのは一升瓶の数々。日本酒、焼酎とかなりの種類が用意されています。

店内は“金色”なイメージがしましたね。カウンターの煉瓦(タイル?)、店内を照らす間接照明、温かみがありながらもゴージャスなライティングです。お見事。

カウンター7席、小上がりテーブル席が4つ。奥には個室もあるようでした。テーブル席は掘りごたつになっています。大人数で宴会をされていた方がいらっしゃいましたが、テーブル間は天井から垂らした布で仕切られており、隣席の賑わいが気になりませんでした。

 

さて、今回は4000円のコースです。

1  2

      長芋の焼いたもの           アメーラトマトのサラダ

3  4

  本マグロ、うに、ホタテ刺身         鮭のカマの西京味噌焼き

5  6

    山芋とえびのしんじょ           とうもろこしのかき揚

7  8

    岩手十文字鶏のつくね          ちりめん山椒のおにぎり

9

    バニラアイスクリーム

 

体育会系っぽい、さばさばした印象の女将さん、笑顔がかわいらしかったです。「のんべえなんです」と仰るその胸元には「ソムリエ」「利き酒師」「焼酎利き酒師」のバッチが光っています。お酒も1合1万円近くするものから500円までと、かなり幅広くそろっています。

今回は食べることがメインだったので、次回は“飲み”メインで訪れたいと思います。

ごちそさまでしたnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫禁城(しきんじょう)両替町店

Photo_8 紫禁城(しきんじょう)両替町店

住所:静岡市葵区両替町2-4-11ファストビル1

電話:054-272-3358

営業時間:夕方6:00-深夜3:00

HP:http://homepage2.nifty.com/xkj/myweb16_002.htm

***************★★***************

玄南通りに中華街?っと思うような店構えのお店、紫禁城2号店。本家本元は鷹匠にありますね。

Photo_9赤々と灯る提灯が、紫禁城の紫の看板を照らし出します。

無造作におかれた自転車がなぜかやけに似合いますね(笑)

扉を開けると、店内は食堂?って感じです、とても庶民的です。

日本人が作る中華料理じゃないってだけで、外国語が飛び交うってだけで、期待度UPです。←ミーハー!!

 

 

Photo_10  Photo_11

       麻辛豆腐(800円)             イカエビ春巻き(680円)

Photo_12  Photo_13

   乾焼排骨(スペアリブ/980円)        葱姜肉蟹(蟹揚げ/1580円)

どのお料理も味がしっかりついていますね。

お酒が進んでしまう…。

大人数でワイワイしながらお酒とお料理を楽しむってのがとっても似合うな~と思います。

 

メニューにない人気メニューもあるそうです。

店員さんに聞いて見てくださいねear

 

ごちそうさまでしたpig

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鳥花 (とりはな)

Photo 鳥花(とりはな)

住所:静岡市清水区船越町159-2

電話:054-345-8900

営業時間:17:00~22:30

定休日:日曜日と月曜の祝日

***************★★***************

船越の谷島屋が目印。南幹線から船越方面へ、谷島屋を過ぎたら次の交差点を右折。

カフェ&バーのような外観の焼き鳥屋さんです。

カウンターとテーブル席が4つの小さなお店。

店内は20~30代のカップルやグループがほとんど。地元民が多いんでしょうね!って感じです。

Photo_3 お通し

鳥刺しのおひたし とでもいいましょうか。胡麻と海苔の香ばしいステキなお料理。

豆腐とポン酢ゼリーの重ね と勝手に命名。水気を良く切った豆腐は出汁をしっかり吸い込んでいて、これもまた感動の一品。

 

焼き鳥は90円(皮)~210円(つくね)とリーズナブルなお値段

Photo_4  Photo_5

          ささみ                   ししとう

Photo_6  Photo_7

     焼き鳥サラダ(630円)         鳥花ドック(320円)

ささみの握りなんてメニューもあります。残念ながら売り切れでした。

焼き鳥だけでなく、面白いメニューもあります。天晴!!ですね。

 

お酒も、ビール、日本酒、焼酎、カクテルと色々揃っています。

 

店内は手作り感たっぷり、素朴さが心地よいお店でした。

 

ごちそうさまでしたchickshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ku:nom(クウ・ノム)